MENU

お茶にはダイエット効果がある?

お茶にはダイエット効果があるといわれていますが、実際にはどのような効果があるのかわからない方が多いかと思います。そこで今回はあらゆるお茶の効果をご紹介します。まず、お茶には脂肪燃焼の効果や脂肪を体内に蓄えないように吸収を抑えたりする効果があります。その効果の裏側にはお茶に含まれる4つの成分が存在します。1つ目はポリフェノールです。ポリフェノールの効果は脂肪の吸収を抑える働きをします。ですので、食事と一緒に摂取することがよいといわれています。ポリフェノールは、葉・花・木の皮などに含まれている成分です。お茶と聞くと、よくカテキンなどの成分を耳にすることが多いかと思いますが、カテキンもポリフェノールの一種です。2つ目は食物繊維です。食物繊維の効果はポリフェノール同様、脂肪の吸収を抑える働きがあります。また、食物繊維はおなかを膨らませる効果があるので食欲を抑える効果があるそうです。そして、女性にうれしい便秘解消効果もあります。3つ目はカフェインです。カフェインはコーヒーに含まれているイメージが強いですがお茶にも含まれています。カフェインの効果は脂肪の分解を促したり、血行が良くなる効果があります。また、リパーゼという脂肪を燃焼しやすくする酵素の働きにより、脂肪を燃焼しやすくしてくれます。血行が良くなることで代謝が上がって消費エネルギーが増える効果もあります。4つ目はサポニンです。サポニンの効果は余分な脂肪分を吸収を抑えて、排出してくれる効果があります。サポニンはお茶、大豆、薬用ニンジンなどに含まれている苦みを持つ成分で、抗酸化作用があり、体内の脂肪が酸化されるのを防ぎます。以上4つの成分がダイエットに効果的だということです。次に、お茶の種類についてご紹介します。食事を食べ過ぎてしまったときに効果的だとされるお茶は6つ存在します。プーアル茶・黒ウーロン茶・杜仲茶・紅茶・緑茶・ジャスミン茶の6つです。以上のお茶には脂肪や当分の吸収を抑制してくれたり、脂肪の年商を促してくれる効果があります。6つのお茶はスーパーやドラックストアなどで気軽に手に入るものなので誰でも購入することができるので始めやすいと思います。次に、間食をしてしまったりする人におすすめのお茶がゴボウ茶です。ゴボウ茶には食欲を抑える効果があり、食べ過ぎてしまうのを抑える働きがあります。むくみ・便秘解消にも効果があります。また、むくみ・便秘解消にはコーン茶・ルイボスティ・麦茶・などにも効果があります。いかがでしたか。お茶にはダイエット効果があるこということを知ってもらえたでしょうか?比較的手に入りやすいお茶ばかりなので、ぜひ、試してみてください!